看護師

早期発見が今後を決めることになる|大腸がんの症状

がんを克服する

病院

40歳から70歳の成人が発症する胸腺腫瘍は、非常にまれな病気です。しかしながら、胸腺腫瘍の多くは合併症によって発症するため、治療に際しては精密検査医によって他の病気に起因するのかどうかを明らかにする必要があります。

もっと読む

腸閉塞の危険性とがん検診

	医者

気を付けたい腸閉塞

大腸がんの初期症状は血便や下痢など様々ですが、どの症状も少しの体調不良でみられることが多く見逃してしまいがちです。大腸がんは、腸の粘膜から直接発生するタイプと良性のポリープががん化するタイプの二通りあります。大腸がんの多くは良性のポリープががん化しますが、明らかな体の変化が出て初めてがんに気付くことも多く、腸閉塞で受診した際に大腸がんが発見されるケースもあります。大腸がんが大きくなり腸を塞ぎ腸閉塞になると、腹部の張りや嘔吐などの症状が起こります。さらに症状が酷くなると腸に穴があき、腸液が流れ出ることで腹膜炎になる可能性もあります。腹部の張りや痛みがある場合は、大腸がんによる腸閉塞の可能性もあるので、早めに医師の診察を受けることが重要です。

検査の重要性と検査方法

大腸がんは進行が遅いがんと言われ、早期に発見すれば治る確率が高く予後も良いがんのひとつです。早期に大腸がんを発見するためには、定期的ながん検診が重要ですが、症状や年齢に合わせた検診を受けることが大切です。特に症状がない場合は、便を採取して腸からの出血の有無を確認する便潜血検査を行うことが多く、食事制限などもないことから手軽に受けることができる検査です。血便や下血がある場合は、腸から出血している可能性があるので、大腸内視鏡検査を受けることになります。大腸内視鏡検査の場合はカメラで腸内を確認し、ポリープや炎症などがあればその場で組織を採取して生検することができます。また、粘膜や粘膜下層に大腸がんがとどまっている場合は、大腸内視鏡検査と同時に大腸がんを切除できる場合もあります。

その頭痛は腫瘍のせいかも

	カウンセリング

脳腫瘍は脳の様々な部位にできる腫瘍の総称で、良性の物、悪性の物と様々です。治療方法は、特に放射線治療が効果的です。自覚症状としては頭痛があり、特に起床後に激しく痛みます。その他にはめまいや吐き気、視力障害、場合によってはしびれなどが起こりますので、これらの症状が続く時は病院へ行きましょう。

もっと読む

脂肪肝が悪化すると

看護師

食べ過ぎが原因で肝臓がんになることがある、と聞くと信じられないかもしれませんが、実は食べ過ぎが原因となって肝臓がんになることもあります。食べ過ぎから肥満症となって肝臓に脂肪が溜まると脂肪肝と言う病気になります。この脂肪肝が悪化すると肝臓がんとなることもあります。

もっと読む