がんを克服する|早期発見が今後を決めることになる|大腸がんの症状
医者

早期発見が今後を決めることになる|大腸がんの症状

がんを克服する

病院

リンパ系の一部を構成する胸腺は、胸骨の裏側に位置する小さな臓器です。胸腺は、体を守るためにリンパ球と呼ばれる白血球を作ります。胸腺腫瘍とはこの胸腺に発症するかなりまれな腫瘍のことで、胸腺腫と胸腺がんの二つに分かれています。胸腺腫瘍のほとんどが胸腺腫で、胸腺がんはわずか15%を占めるにすぎません。胸腺腫瘍は症状がでないため、ほとんどの場合、健康診断の胸部X線検査で発見されます。この胸腺腫瘍には手術、放射線療法、化学療法によって治療が可能ですが、現在、放射線治療が多くの患者に好まれています。この放射線治療は、体に負担をかけないため、メスを用いた手術のように術後の感染症を心配する必要がないこと、また化学療法のように副作用がないことが大きな利点になっています。

胸腺腫瘍は40歳から70歳の成人が発症する病気であるため、40歳以下の人はほとんど心配する必要はありません。胸腺腫瘍の患者は、それ以外の病気を持っている場合がります。そのため精密検査によって胸腺腫瘍が合併症によって引き起こされた可能性がないかを明らかにしたうえで治療にあたる必要があります。胸腺細胞は急速に増加し、他の正常な細胞を浸食していき、しばしば他の臓器に転移します。がんの転移はひと昔前までは患者にとって近い将来の死を意味していましたが、医療技術の飛躍的な発展によって状況は変わってきています。患者は最先端医療を受けることができ、いつくかの治療法には保険が適応できます。胸腺腫瘍をはじめとするがんを予防するには喫煙を止めるなど、健康を意識した生活を送ることが重要です。