その頭痛は腫瘍のせいかも|早期発見が今後を決めることになる|大腸がんの症状
医者

早期発見が今後を決めることになる|大腸がんの症状

その頭痛は腫瘍のせいかも

	カウンセリング

脳にできる腫瘍と治療方法

脳腫瘍という言葉をご存知の方は、かなり多いでしょう。名前の通り、脳やその外側にできる腫瘍の総称です。この脳腫瘍はできる部位によって性質が違い、悪性のものもあれば、比較的良性のものもあります。特に脳の外側にある、硬膜の部分にできる髄膜腫などは、その多くが良性の腫瘍です。治療方法としては、主に手術や抗がん剤、放射線療法などが主に用いられます。とりわけガンマナイフに代表される放射線療法では、病変部のみを定めて、そこに集中的に放射線を照射する方法が採られており、かなりの効果を得ることができます。また病気によっては、健康保険の適用も受けられます。最近では、ロボットアームを用いて治療を行う、サイバーナイフを取り入れた医療機関もあります。

このような症状には要注意

脳腫瘍は初期の頃にはあまり自覚症状はなく、ある程度進行してから現れるようになります。一番多いのは頭痛です。ただし脳自体は痛みを感じないので、腫瘍がある程度大きくなって、内部を圧迫するようになってから、頭痛を感じるようになります。しかし頭痛だけの場合は、他の病気の自覚症状であるとか、あるいは慢性頭痛という可能性もあります。脳腫瘍の場合は、頭痛は特に起床後激しくなり、時間が経つにつれて痛みがやわらいで行くのが特徴です。まためまいや吐き気、視力障害が起こるようになり、腫瘍の部位によっては、しびれや麻痺も起こるようになります。これらの症状が頻繁に現れ、起床後特に頭痛が激しい時は、できるだけ早く脳神経科に行って、検査をしてもらうようにしましょう。